イベント

クラフトフェアまつもと

クラフトフェア会場のブースの一部
「鍛冶屋」の実演
製糸所による蚕と糸取りの体験
文化・子供工芸・アート
日時5月最終土日 1日目:10時~17時・2日目:9時~17時
2024年5月25日5月26日
場所 中信/松本市 あがた3-1-1 あがたの森公園(松本駅前を東に向かう通りのつきあたり
アクセス:車長野道松本ICから国道158号経由で、松本の中心市街地まで約15分※会場のあがたの森公園の駐車場は、クラフトフェア当日はまったく使用できません。松本市内中心市街地にいくつかある有料駐車場をご利用ください。松本IC近くの長野県庁松本合同庁舎の無料駐車場も利用できます。以前はシャトルバスが出ていましたが、今はタウンスニーカーなどのバス(下記バスDAY参照)を松本駅経由で乗り継いで利用する必要があります。
アクセス:公共交通松本駅から「タウンスニーカー東コース」・「北市内線東まわり」・「横田信大循環線」バスで約10分(下記バスDAY参照)。「秀峰学校前」下車※混雑時には臨時便・シャトル便も出て、いずれかのバスが10分おきぐらいで運行されます。乗り場のバス職員におたずね下さい松本駅から徒歩では20分です。途中、新緑の中、いろいろな場所での催しや松本市美術館(中庭や屋外展示は無料)も見ながら行けるので、特に帰路は徒歩がお勧めです。
料金 無料(出品作品に感動してたくさん買うと思わぬ出費になります)
電話 NPO法人松本クラフト推進協会 0263-34-6557
web
期間中来場者数(カウントされた実数) 37,038人(2023年)※コロナ禍前の2019年は46,498人
!ご注意
料金や営業日時などは最新の情報でない場合があります。公式サイトやお電話等で直接ご確認ください。記載内容が正確でない場合も、施設に責任はなく、当サイトでも責任は負えません。

とっておき情報

クラフトフェアロゴ
松本のクラフトフェアは、工芸作家らの作品発表と交流と売買の場として'85年に始まり、各地のクラフトフェアのはしりと言われます。全国から、陶芸・ガラス・木工・金属・染織等のアーティストが集まり、300ものブースが立ち並びます。第1回では65人の作家が口コミで参加したのが、今では千組以上の作家が応募し、4倍もの競争率から選考されるためレベルが高いです。大勢の市民らの他、プロのバイヤーも訪れ、数百万円の商談が成立することもあります。

自治体などの関与がなく、自主運営であることもユニークです。全国区で活躍されておられるギャラリー自遊石の伊藤博敏さんら、主催者側の努力でいろいろな問題点をクリアーさせて今に至っています。松本は昔から家具や染織が有名な上、今は松本民芸館で見られる民芸運動の拠点となった場所という基盤も成功の一因です。

時期的にもさわやかな季節で、クラフトフェア松本は、あがたの森公園の雰囲気ともマッチしたイベントです。売り物の楽器を演奏させてもらったり、クラフトマンとおしゃべりしたりして、楽しい時間を過ごせます。中庭の芝生では、バンドの野外ライブが行われた時もありました。歴史が古いため、出展作品の質は高い分、洗練された価格が高い作品が多く、毎年同じような作家が目に付くという声もありますが、公募形式のイベントではある程度避けられないことかも知れません。
一時松本に住んでいた人気スタイリスト伊藤まさこさんが雑誌等で紹介した頃からますます人気が出て、博覧会並みの混雑になりました。活気はありますが、女子トイレは行列ができます。正式な開始前でも開けているブースはあるので、朝早めに行くことをお勧めします。

バスDAYについて

クラフトフェアの会場や周辺には駐車スペースがなく、毎年、周辺道路も大渋滞して、大きな問題となってきました。2010年から、クラフトフェアの開催日を「バスデー」とし、松本市近郊路線バスを平日ダイヤにし、1回200円(小学生以下は無料)で乗れるようにし、公共交通の利用を呼び掛けています。500円の1日券もあり、それには美術館・市内博物館・松本城等の割引特典も付いています。
クラフトフェア会場近くの臨時便バス乗り場から、市街地回遊バスと松本民芸館へのシャトル便も運行されます。

2024.02.23 更新

クラフトフェアまつもとの公式新着情報

何度応募しても惨敗していた、クラフトフェアまつもとに初めて受かりました。一晩たってもまだ手元に出店の振り込み用紙があるので、どうやら夢ではないようです。5/25,26 長野県松本市のあがたの森公園で行われます。誰か通りすがりのかたがブローチかなにか買ってくれますように。ドキドキ。準備がんばりたい!#クラフトフェアまつもと2024 #craftsfairmatsumoto #クラフトフェアまつもと craftsfair_matsumoto

何度応募しても惨敗していた、クラフトフェアまつもとに初めて受かりました。一晩たってもまだ手元に出店の振り込み用紙があるので、どうやら夢ではないようです。

5/25,26 長野県松本市のあがたの森公園で行われます。誰か通りすがりのかたがブローチかなにか買ってくれますように。ドキドキ。準備がんばりたい!

#クラフトフェアまつもと2024 #craftsfairmatsumoto #クラフトフェアまつもと craftsfair_matsumoto
...

2024年5月にクラフトフェアまつもとに出展します。
今回は40周年企画にご招待をいただき参加することになりました。
クラフトフェア出展は久しぶりなので、少し不安もありますが、好きなイベントでたくさんの方とお会いできることが楽しみです。
craftsfair_matsumoto
・
・
・
#クラフトフェアまつもと
#スプーン#フォーク#カトラリー#器#うつわ#木の器#木工#ものづくり#て仕事#woodworking#woodturning#woodcarving#carving#spooncarving

2024年5月にクラフトフェアまつもとに出展します。
今回は40周年企画にご招待をいただき参加することになりました。
クラフトフェア出展は久しぶりなので、少し不安もありますが、好きなイベントでたくさんの方とお会いできることが楽しみです。
craftsfair_matsumoto



#クラフトフェアまつもと
#スプーン#フォーク#カトラリー#器#うつわ#木の器#木工#ものづくり#て仕事#woodworking#woodturning#woodcarving#carving#spooncarving
...

どくしょチャレンジ vol.166ウォーキング・ウィズ・クラフト
ークラフトフェアまつもとの30年ー
編集:新美正城・澤谷映
発行:NPO法人松本クラフト推進協会
2014年4月発行発行された後、すぐに購入して読んだものを、思い出し再読。
読んだ当時とまた違った印象で迫ってきたので。
本書は、1984年にスタートしたクラフトフェアまつもと30周年をひとつの区切りとしてそれまでの歩み、そしてこれからの歩みをインタビューや対談を通して一冊にまとめたもので、非常に意義のあるもの。1982年に先行してスタートしている笠間の陶炎祭とはまた違った中での船出、時代性や土地柄、とりまく環境、人の関わりが見えて興味深い。と共に、クラフトマーケットを主催している身としてはクラクラと目眩がした。30年の変化はとてもとても重い。あおぞらクラフトいちについて話せば、その親プロジェクト水戸デザインフェスが2006年(同じく都内ではもみじ市がスタート)、母体となるフリーペーパーMap iNaviが2004年創刊、水戸芸術館によるまちなかアートフェスカフェイン水戸が2002年、横浜トリエンナーレが2001年、越後妻有大地の芸術祭が2000年、デザインフェスタが1994年…。当時まちを使ったインディペンデントなプロジェクトが勃興する中で、アートフェス、そしてこれに準ずるカウンターとしての場・マーケットの出現は本当に面白かった。不要品の交換を種としたフリーマーケットと同じ様な衣をまといつつ一線を画したこれらのオルタナティヴな場は、様々な交流を生み、どちらかというと実験的な場だった様に思う。クラフトいちをスタートさせた2009年はまだそんな雰囲気が残っていたと記憶する。スタートさせる前後は様々なマーケットやフェスへ赴いたが、まつもとクラフトフェアは、駐車場問題を乗り越えて漸く軸を決めた頃。“わかる人にはわかる”重厚さから、様々な人を受け入れる寛容さへとイメージも変わってきていた時期だと思う。以降毎年訪問し、1番影響を受けているフェアと言って良い。

クラフトブームがあって認知度が上がって、紙のこと?ビール?とかは言われなくなったけど、どんどん環境が変わっておしゃれコンテンツとしての消費、インターネットでのECサイト販売などが始まってシーンのカジュアル化、個人化が顕著となり別の問題も出てきている様に思う。売買要素が膨らみすぎている様にも感じる。2017年に自主的に行った内部調査資料づくり以来ずっと、どうすれば良いか考えている。どの様にどの様な場作りをしていけば良いのか。
本書を読んで、そうそう、そうだよ! という箇所もあれば、業界的な気持ち悪さも感じる場所もあれば、うーんとうなる箇所も。2014年だからもう10年ほど前の情報だから、そこからの変化もあるが、それも加味しても、だからこその意義がある本だろう。マーケットやマルシェ、何らかの場をつくっている人は必読。現在地をよりよくチューニングするに良い刺激、2014年当時よりも価値を増している印象だ。今回は何よりも、この編集者の1人がGive me little more.の新美くんだったのに気づいたのが今回の大きな驚き。色々と繋がる。
いやすごいよ新美くん!#ウォーキングウィズクラフト
#クラフトフェアまつもと
#NPO法人松本クラフト推進協会
#クラフトマーケット
#クラフトいち
#クラフト
#手仕事
#手しごと
#マルシェ
#新美正城
#澤谷映
#givemelittlemore
#読書
#書籍
#どくしょチャレンジ
#ミセルくらしPUNTO
#PUNTO
#旅するPUNTO
#PUNTOBOOKS
#プントブックス

どくしょチャレンジ vol.166

ウォーキング・ウィズ・クラフト
ークラフトフェアまつもとの30年ー
編集:新美正城・澤谷映
発行:NPO法人松本クラフト推進協会
2014年4月発行

発行された後、すぐに購入して読んだものを、思い出し再読。
読んだ当時とまた違った印象で迫ってきたので。
本書は、1984年にスタートしたクラフトフェアまつもと30周年をひとつの区切りとしてそれまでの歩み、そしてこれからの歩みをインタビューや対談を通して一冊にまとめたもので、非常に意義のあるもの。1982年に先行してスタートしている笠間の陶炎祭とはまた違った中での船出、時代性や土地柄、とりまく環境、人の関わりが見えて興味深い。と共に、クラフトマーケットを主催している身としてはクラクラと目眩がした。30年の変化はとてもとても重い。

あおぞらクラフトいちについて話せば、その親プロジェクト水戸デザインフェスが2006年(同じく都内ではもみじ市がスタート)、母体となるフリーペーパーMap iNaviが2004年創刊、水戸芸術館によるまちなかアートフェスカフェイン水戸が2002年、横浜トリエンナーレが2001年、越後妻有大地の芸術祭が2000年、デザインフェスタが1994年…。当時まちを使ったインディペンデントなプロジェクトが勃興する中で、アートフェス、そしてこれに準ずるカウンターとしての場・マーケットの出現は本当に面白かった。不要品の交換を種としたフリーマーケットと同じ様な衣をまといつつ一線を画したこれらのオルタナティヴな場は、様々な交流を生み、どちらかというと実験的な場だった様に思う。クラフトいちをスタートさせた2009年はまだそんな雰囲気が残っていたと記憶する。スタートさせる前後は様々なマーケットやフェスへ赴いたが、まつもとクラフトフェアは、駐車場問題を乗り越えて漸く軸を決めた頃。“わかる人にはわかる”重厚さから、様々な人を受け入れる寛容さへとイメージも変わってきていた時期だと思う。以降毎年訪問し、1番影響を受けているフェアと言って良い。

クラフトブームがあって認知度が上がって、紙のこと?ビール?とかは言われなくなったけど、どんどん環境が変わっておしゃれコンテンツとしての消費、インターネットでのECサイト販売などが始まってシーンのカジュアル化、個人化が顕著となり別の問題も出てきている様に思う。売買要素が膨らみすぎている様にも感じる。2017年に自主的に行った内部調査資料づくり以来ずっと、どうすれば良いか考えている。どの様にどの様な場作りをしていけば良いのか。
本書を読んで、そうそう、そうだよ! という箇所もあれば、業界的な気持ち悪さも感じる場所もあれば、うーんとうなる箇所も。2014年だからもう10年ほど前の情報だから、そこからの変化もあるが、それも加味しても、だからこその意義がある本だろう。マーケットやマルシェ、何らかの場をつくっている人は必読。現在地をよりよくチューニングするに良い刺激、2014年当時よりも価値を増している印象だ。

今回は何よりも、この編集者の1人がGive me little more.の新美くんだったのに気づいたのが今回の大きな驚き。色々と繋がる。
いやすごいよ新美くん!

#ウォーキングウィズクラフト
#クラフトフェアまつもと
#NPO法人松本クラフト推進協会
#クラフトマーケット
#クラフトいち
#クラフト
#手仕事
#手しごと
#マルシェ
#新美正城
#澤谷映
#givemelittlemore
#読書
#書籍
#どくしょチャレンジ
#ミセルくらしPUNTO
#PUNTO
#旅するPUNTO
#PUNTOBOOKS
#プントブックス
...

This error message is only visible to WordPress admins
Error: Hashtag limit of 30 unique hashtags per week has been reached.
Error: Hashtag limit of 30 unique hashtags per week has been reached.

口コミや質問をどうぞ

Facebookのアカウントが必要です

クラフトフェアや工芸品の展示販売イベントは長野県のここでも開かれます

カナディアンファーム 奏での森くらふと

南信/原村 カナディアンファーム
8月下旬~9月上旬

木のあるくらし展

中信/山形村 アイシティ21(屋内)
3月下旬

近くの宿

スタッフおすすめの宿・利用した感想

ホテル花月

クラフトフェア会場から徒歩15分、松本城から徒歩5分の距離の「大正ロマンの街」にあり、松本見物には抜群のロケーションです。松本の名産「松本民芸家具」と木材を使った室内は、クラシックでレトロ、とてもお洒落です。松本市街地では「ホテルブエナビスタ」に次ぐグレードのホテルで、2016年に東京の資本により改装して値段が上がりましたが、時期により、今もビジネスホテル並みの料金で泊まれるときもあります。食事は、プランにより、信州の郷土料理の和書とフレンチから選べます。

by じゃらん Web サービス

近くのお食事処

※距離はおおよその直線距離です。

あがたの森ティールーム

60m
TEL0263-36-7654

陽気茶房 Café Joyous

140m
TEL0263-88-3693

鹿児島ラーメン桜島 県店

170m
TEL0263-35-7282

イタリアンキッチンおりべ

280m
TEL0263-35-5937

イトー珈琲

370m

サイゼリヤ 松本中央店

380m

カフェ・ド・クリエリーブル イオンモール松本店

410m

フルバリ

420m

四川乃華ICHI

450m

うまげな イオンモール松本店

450m

モスバーガー イオンモール松本店

450m

富金豚 イオンモール松本店

460m

ケンタッキーフライドチキンイオンモール松本店

460m

星乃珈琲店 イオンモール松本店

470m