史跡・美術館・博物館

松本民芸館

松本民芸館建物外観
松本民芸館外観
庭園の紅葉
庭園にある道祖神
美術館彫刻や工芸作品 規模
所在地 中信/〒390-0221 松本市里山辺1313-1
アクセス:車長野道松本ICから国道158号経由、松本城の北の県道67号を美ヶ原温泉方面に20分
アクセス:公共交通松本駅から美ヶ原温泉行きバス「下金井民芸館口」下車すぐ
入館可能時間 9~16時半
休業日 月曜(祝日時は翌日)・12/29~1/3
料金 ¥310(中学生以下や庭園のみの見学は無料)
電話 0263-33-1569
web
!ご注意
料金や営業日時などは最新の情報でない場合があります。公式サイトやお電話等で直接ご確認ください。記載内容が正確でない場合も、施設に責任はなく、当サイトでも責任は負えません。

とっておき情報

館内

松本民芸館は、松本の中町通りの「ちきりや工芸店」の初代オーナーの故丸山太郎氏が、柳宗悦氏の民芸運動に共鳴して集めた日本や世界の民芸コレクションを収蔵した資料館です。
松本市の東、住宅と田園に隣接する場所にあり、土蔵造りの建物と、大きなケヤキとブナの木のある庭園も素敵です。2階の展示室で民芸品に囲まれながら、窓からアルプスやブドウ園の景色を見れば至福の時を過ごせます。企画展や陶芸講座なども随時行われています。

民芸運動とは

李朝染付草文壺(写真:松本市)

「有名なアーティストによる高価な作品よりも、無名の職人が作る生活用品にこそ美がある」という考えで、民衆的美術工芸の美を評価して世に紹介する運動です。柳宗悦やなぎむねよし(そうえつ)が大正時代に提唱し、東京の目黒に日本民藝館を創設しました。松本民芸館など、日本各地に、民芸運動の同志により建てられた「民芸館」があります。

2022.09.14 更新

松本民芸館の公式新着情報

北アルプスが見える窓#長野県#松本市#松本民芸館#天気#景色#北アルプス#窓#eoskissx9#一眼レフ#旅#のほほん

北アルプスが見える窓

#長野県#松本市#松本民芸館#天気#景色#北アルプス#窓#eoskissx9#一眼レフ#旅#のほほん
...

This error message is only visible to WordPress admins
Error: Hashtag limit of 30 unique hashtags per week has been reached.
Error: Hashtag limit of 30 unique hashtags per week has been reached.
Error: Hashtag limit of 30 unique hashtags per week has been reached.
Error: Hashtag limit of 30 unique hashtags per week has been reached.

口コミや質問をどうぞ

Facebookのアカウントが必要です

近隣のおすすめ
スポット

近くの宿

by じゃらん Web サービス

近くのお食事処

※距離はおおよその直線距離です。

ヤマベボッサ

220m
TEL0263-55-6442

喫茶その

250m
TEL0263-33-3788

mamaごはん

390m

丸山中華蕎麦店

390m

本陣竹家

400m
TEL0263-32-1902

Cafeよょ

480m

さつき鮨

550m
TEL0263-35-3306

中華そば 福久(ふく)

550m
TEL0263-75-3487

とりしん食堂

620m
TEL0263-34-1585

CUEcafe キューカフェ

650m
TEL0263-87-1299

炭火焼肉 くらた

660m
TEL0263-36-6529

やきとり来いっ人

710m

(有)祥雲堂

1km
TEL0120-341-584

食事処とら

1.1km
TEL080-9457-7739

手打ち蕎麦 兎々屋

1.1km
TEL0263-34-6063